2011年3月アーカイブ

頻尿の原因は何ですか?

① 水分のとりすぎのため尿量が多い
1日の飲水量を過剰に摂取する生活を送っていると、頻尿を引き起こすことがあります。
排尿量を測った時に、1日2500ccを超える場合は多飲多尿の可能性が高いのです。
しかし、尿量増加には他の原因を伴うことが多くみられます。

たとえば、糖尿病や高血圧のため利尿剤を服用している場合、加齢により腎臓の働きが低下していることなどが関与している場合があります。

② 過活動膀胱
自分の意思と関係なく膀胱が勝手に収縮し「おしっこが近い」、「急におしっこがしたくなり我慢することが難しい」、または「我慢ができず尿がもれる」などといった状態を引き起こす病気を「過活動膀胱」といいます。

この病気は、脳血管障害(脳梗塞こうそくなど)や脊髄せきずい損傷などの神経疾患が原因になっている場合があります。 また、男性は前立腺肥大症、女性は骨盤底の障害が原因となっているとも考えられます。

③ 膀胱炎
膀胱の粘膜に慢性の炎症が起きている間質性膀胱炎の患者さんでは、その炎症が下腹部に不快感を引き起こすため、何度もトイレに行きたくなります。

④ 体の冷え
膀胱は、副交感神経によって膨らんだり、縮んだりしています。
体が冷えると、それが刺激となり膀胱は縮みます。
その結果、尿意を感じやすくなるため、すぐに膀胱がいっぱいとなり、必然とトイレに行く回数が増えます。

⑤ 神経性頻尿
誰でも緊張すると、胸がドキドキしたり、顔が赤くなったりすることがあります。 膀胱にも、その時と同じような刺激が加わる為、頻尿になってしまう人もいます。

⑥ その他
睡眠障害、残尿の問題、膀胱がんなど。
このように、様々な原因で頻尿になります。
頻尿の原因が何なのか、様々な方法で問診や検査が行われます。

その中でも「排尿日誌」は、簡単で非常に有用な方法です。

日誌には排尿の時刻と毎回の排尿量、尿失禁の回数や使用したパッドの枚数、あるいは水分摂取量などを記録します。
また「排尿日誌」をつけることで、トイレに行く回数や治療の成果をご自分で再確認することもできます


頻尿部門 第1位はじめての方専用>>


《頻尿治療について》
原因が特定されれば、それに対してさまざまな治療が行われます。

代表的な治療方法として、過活動膀胱(上記②)に対しては、膀胱の収縮を抑え、神経に働く「抗コリン薬」が有効です。 但し、この薬には、口の渇きや便秘というような副作用があります。

また、薬物治療以外にも、膀胱訓練、骨盤底筋体操、定時排尿といった行動療法も有効とされています。

腎虚の状態を良くするには

腎臓を温める
腎臓は冷えに弱い臓器です。
腎臓が冷えると疲れやすくなり、腎虚の状態が悪化するおそれがあります。
腹巻き・カイロ・半身浴などで温めて、腎臓を冷やさないことが大切です。

『杜仲(とちゅう)』がおすすめ

杜仲とは、昔から不老長寿の生薬として珍重され、樹皮は漢方薬、葉はお茶として利用されてきました。杜仲の樹皮や枝をちぎると乳液状のものがでてきます。
これをグッタペルカと呼び、腎肝を補う・筋骨を強めるなどの効果があり、腎虚の改善を助けてくれるのです。
腎虚の状態を良くすることは、関節痛・夜間頻尿・高血圧など様々な病気の改善につながっているのです。

頻尿対策で人気割引と送料無料で試す!>>

関節痛(特に変形性関節症の場合)も腎虚の影響が大きく、腎機能が低下すると血行不良を引き起こします。血流が悪くなると、体内の老廃物を排出する働きが衰え、新陳代謝が悪くなり痛みの原因となる物質が関節に蓄積してしまいます。

関節痛には、軟骨成分である『グルコサミン+コンドロイチン』を補うとともに、腎臓機能を強化すれば、その吸収力が高まり、より効率よく改善することができるのです。

つまり、腎虚の状態を良くすれば、夜間頻尿、関節痛の両方の改善効果が期待できます

頻尿原因リンク集

頻尿の代表的な病気と、最近頻尿の原因として注目されてきている病気を挙げてみました。
①膀胱炎、前立腺肥大症、②過活動膀胱、③間質性膀胱炎、④多飲、⑤高血圧、⑥抗利尿ホルモン産生異常、⑦睡眠障害、⑧心因性、等です。

膀胱炎や前立腺肥大症による頻尿は、他に病気がなければ、治療により劇的に頻尿は治ります。 しかし、前立腺肥大症の患者さんは高齢の方が多いので、頻尿となる他の病気をもっていることが多く、前立腺肥大症の治療をしても頻尿が治らない事があります。

例えば、前立腺肥大症の手術を行っても、夜間頻尿の改善率は20%であったとする悲惨な報告もあります。

相互リンク集

頻尿時の残尿感

頻尿の症状がでているとき、「なんとなく膀胱内が空っぽではないような気がする」と思うことがあるでしょう。
残尿感の改善でも人気はじめての方専用割引ページ>>


これは、気のせいではないかもしれません。頻尿の原因として一番多いのは、尿道炎や膀胱炎などの細菌性炎症なのですが、男性の頻尿の場合、前立腺の異常が原因の場合が多いからです。

前立腺は、男性器にあり、尿道の周囲に位置します。ですから、前立腺の異常は、尿道に直接的に影響してしまうんですね。

前立腺異常については、次項で詳しく述べますが、こうなると、尿道がせまくなり、一定時間に排出される尿の量が減ります。

排尿のあと、「キレが悪い」という症状が出ることがありますが、これも同じ、尿道がせまくなっているので、膀胱から押される力が強くても尿道に詰まってしまい、出にくくなってしまいます。

そのことにより、尿道に尿が残り、排尿のあとも、ポタポタと尿がたれて、下着を汚してしまうということになってしまいます。

これがひどくなると、尿閉という、尿がまったく出なくなる症状まで発展することになりかねませんし、そうなると、腎臓に多大な悪影響を及ぼしてしまいます。

ですから、頻尿の症状があって、なおかつ残尿感があるときは、決して放置せず、医師に適切な処置をしてもらってください。

前立腺異常の場合、薬の投与で、かなり改善されますし、前立腺炎の場合は、構成物質で完治することができます。
http://www.hinnyou.net/2007/09/post_22.html

簡単な頻尿対策

頻尿にはいろいろな原因がありますし、放置しておくと恐ろしい病気に気づかないままとなる危険もありますから、根本的にはお医者様に治療していただくのが一番です。

しかし、病的ではない程度に頻尿であるという方には、以下のような処置をお勧めします。


まず、尿道括約筋を鍛える方法です。

これは、なるべくリラックスした状態で行っていただきたいですし、そもそも人前で行うのは少し恥ずかしいでしょうから、自室で横になって行うのが望ましいです。

体全体をリラックスし、意識を下腹部に集中し、キュッキュッとリズミカルに尿道を引き締める運動をしてみてください。

それによって、腹圧性の尿失禁は、かなり改善されてくると思います。

http://www.hinnyou.net/2007/08/post_3.html

正常な排尿とは

正常な人の排尿の頻度はどれくらいなのでしょうか?

もちろん人によって多少の差はありますが、だいたい七回程度が通常であるとされています。

といってもこれは昼間のことです。

人間の体は、ゆっくり睡眠をとることができるよう、夜間は尿の製造量を控えるようにできています。

ですから、夜間に一度でも排尿のために眼が覚めるようでしたら、昼間の排尿頻度が少なくても、頻尿の症状が出ていると考えてみるべきです。


日中や夜の頻尿気軽に試せる&事例が豊富です>>


そもそも、脳が、「排尿をしたい」と認識するのは、膀胱に200ミリリットル程度の尿が溜まったときであるとされています。

前述したとおり、膀胱の畜尿量は、大体400ミリリットル前後ですから、このときはそれほどには切迫感はないはずです。

最初に「トイレに行きたい」と気付いたときに、すでに切迫感があるようでしたら、「過活動膀胱」という病気の可能性もありますので、診察を受けていただくことをお勧めいたします。

また、正常な排尿の場合は、途切れることがありません。一定の量ずつ、スムーズに排出されるはずです。途中で何度か排尿が途切れるようでしたら、膀胱炎かもしれませんし、ほかの前立腺肥大が原因かもしれません。この点も注意が必要です。
http://www.hinnyou.net/2007/08/post_4.html

冷えと頻尿

頻尿の症状が現れる原因のひとつとして、冷えが挙げられます。 冷えからくる頻尿の症状は、特に女性に多く見られています。

普段から冷え性の女性はもちろん、夏の冷房などが影響する冷えや冬の寒さなどによる冷えが、頻尿の症状を引き起こしています。

冷えは冬だけに起きるものではありませんから、夏でも冷房の効き過ぎた部屋や電車の中にいると、トイレに行きたくなってしまう、という女性は少なくないのではないでしょうか。

このような冷房などで身体が寒さを感じるとトイレが近くなるのは、身体が冷えてしまっていることが影響していると言えます。 冷えと頻尿には、深い関係があるのです。

冷えからくる頻尿は、膀胱炎や尿道炎、前立腺炎などの病気によるものではありません。

頻尿解決したい人へお試しページ>>

神経性頻尿

「神経性頻尿」とは、心理的・精神的な緊張などが原因となって起きる頻尿の症状のことを指します。 高齢者に多く見られている「夜間頻尿」とは異なり、中年・若年層から子供に多い頻尿の症状とされています。

また、神経性頻尿に性差はあまり見られません。 神経性頻尿は、仕事や勉強などによって心理的・精神的な緊張が起きることから、頻尿の症状が現れます。

心と身体のバランスが乱れていることが主な原因となっていて、身体の不調が頻尿の症状として出てきてしまうのです。

神経性頻尿になってしまうきっかけはそれぞれ異なりますが、ちょっとしたことでも神経性頻尿を引き起こしてしまうおそれがあります。
http://www.ipna2001.com/iamnervous.html

夜間頻尿とは

頻尿の症状のひとつとして、「夜間頻尿」という症状があります。

夜間頻尿改善部門1位10%割引>>


主な症状としては、夜寝てから朝起きるまでにトイレに行きたくなり起きてしまうことが1回以上ある、という症状がよく挙げられます。

夜間頻尿は、年齢を重ねると共に症状が出ることが多く見られていますので、高齢者の方には特に多く夜間頻尿の症状が出ています。

夜間頻尿の症状は、高齢者の方の中でも男性に多く見られています。 これは、夜間頻尿が前立腺肥大症の症状のひとつとされていることから言われてきました。

しかし、近年では高齢の男性に限らず、高齢の女性にも夜間頻尿の症状が増加してきる状態にあります。 このような現状から、高齢者の方は男女共に、夜中にトイレに起きてしまう割合が高いことが特徴となっています。

年代別の割合としては、60代では約40%、70代では約50%が、夜中に2回以上トイレに起きてしまうとされています。

夜間頻尿の原因

このように、夜間頻尿の症状は加齢によって増加傾向が高くなると見て良いでしょう。 また、睡眠時間にトイレに起きてしまうことで、頻尿の症状だけではなく、不眠の症状も伴う場合があります。

夜間頻尿と睡眠障害の関係は非常に深いもので、夜間頻尿から睡眠障害が起きる場合もあれば、睡眠障害から夜間頻尿が起きる場合もあるので、共に決して切り離すことのできない症状となっていることが特徴です。

夜間頻尿の原因

夜間頻尿の症状は加齢によって増加傾向が高くなると見て良いでしょう。 また、睡眠時間にトイレに起きてしまうことで、頻尿の症状だけではなく、不眠の症状も伴う場合があります。

夜間頻尿と睡眠障害の関係は非常に深いもので、夜間頻尿から睡眠障害が起きる場合もあれば、睡眠障害から夜間頻尿が起きる場合もあるので、共に決して切り離すことのできない症状となっていることが特徴です。

夜間頻尿になる原因は、睡眠障害だけではなく、うつ病などの精神疾患から夜間頻尿の症状が出る場合もあります。 高血圧や糖尿病から夜間頻尿の症状が起きる場合もあります。

夜間頻尿の症状が出てしまう原因はたくさんあり、一概には言えるものではありませんので、夜間頻尿の患者さんそれぞれの原因を細かく突き止める必要があります。

http://www.ipna2001.com/night.html

頻尿の原因や改善のコツ

頻尿は、年齢と共に症状が出てくることが多くある病気です。

主な頻尿の症状としては、排尿量が少ないこと、残尿感があること、膀胱に尿が溜まった際の痛みを感じることなどが挙げられます。
頻尿というと単にトイレの数が増えるだけだと思いがちですが、尿意を感じる脳の病気であったり、膀胱や腎臓に原因があったりする場合もあります。
歳をとって膀胱周辺の筋肉が衰えたりして失禁してしまうことが多いようですが、自己判断は危険ですので、やはり病院での検査が重要です。

因性のものは、一時的、慢性的なストレスで膀胱やその周辺が過敏になり、頻繁にトイレに聞きたくなるもので、このような原因の場合は、当然、仕事や人間関係などのストレスを軽減させて、薬としては膀胱が過敏になるのを抑える薬が効果的なようで、自律神経の薬や、場合によってはうつ病の薬などが用いられる場合もあるようです。

そしてもう一つの原因である、他の病気の影響を受けている場合ですが、これには様々な原因が関連していて、身体全体の指令を司っている脳に何らかの病気があって、膀胱などに異常な指令を出している場合もあるようです。

そのほかには、膀胱炎が原因の場合、膀胱に腫瘍などができている場合、女性の場合は膀胱周辺の子宮などに異常があり影響している場合、男性の場合は前立腺に原因がある場合、腎臓の病気が関連している場合など、その他の病気との関連は疑い始めるときりがなくなるような感じです。
このような場合の薬は、当然その根本原因である病気の治療をするための薬が必要になるということでしょう。

http://hinnyou2.seesaa.net/

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。