夜間頻尿とは

頻尿の症状のひとつとして、「夜間頻尿」という症状があります。

夜間頻尿改善部門1位10%割引>>


主な症状としては、夜寝てから朝起きるまでにトイレに行きたくなり起きてしまうことが1回以上ある、という症状がよく挙げられます。

夜間頻尿は、年齢を重ねると共に症状が出ることが多く見られていますので、高齢者の方には特に多く夜間頻尿の症状が出ています。

夜間頻尿の症状は、高齢者の方の中でも男性に多く見られています。 これは、夜間頻尿が前立腺肥大症の症状のひとつとされていることから言われてきました。

しかし、近年では高齢の男性に限らず、高齢の女性にも夜間頻尿の症状が増加してきる状態にあります。 このような現状から、高齢者の方は男女共に、夜中にトイレに起きてしまう割合が高いことが特徴となっています。

年代別の割合としては、60代では約40%、70代では約50%が、夜中に2回以上トイレに起きてしまうとされています。

夜間頻尿の原因

このように、夜間頻尿の症状は加齢によって増加傾向が高くなると見て良いでしょう。 また、睡眠時間にトイレに起きてしまうことで、頻尿の症状だけではなく、不眠の症状も伴う場合があります。

夜間頻尿と睡眠障害の関係は非常に深いもので、夜間頻尿から睡眠障害が起きる場合もあれば、睡眠障害から夜間頻尿が起きる場合もあるので、共に決して切り離すことのできない症状となっていることが特徴です。

このブログ記事について

このページは、khが2011年3月 5日 00:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夜間頻尿の原因」です。

次のブログ記事は「神経性頻尿」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。