関節痛と夜間頻尿の共通点は"腎虚"

関節痛(特に変形性関節症の場合)も腎虚の影響が大きく、腎機能が低下すると血行不良を引き起こします。血流が悪くなると、体内の老廃物を排出する働きが衰え、新陳代謝が悪くなり痛みの原因となる物質が関節に蓄積してしまいます。

関節痛には、軟骨成分である『グルコサミン+コンドロイチン』を補うとともに、腎臓機能を強化すれば、その吸収力が高まり、より効率よく改善することができるのです。

つまり、腎虚の状態を良くすれば、夜間頻尿、関節痛の両方の改善効果が期待できます

このブログ記事について

このページは、khが2011年3月15日 14:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「頻尿原因リンク集」です。

次のブログ記事は「腎虚の状態を良くするには」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。