頻尿の原因や改善のコツ

頻尿は、年齢と共に症状が出てくることが多くある病気です。

主な頻尿の症状としては、排尿量が少ないこと、残尿感があること、膀胱に尿が溜まった際の痛みを感じることなどが挙げられます。
頻尿というと単にトイレの数が増えるだけだと思いがちですが、尿意を感じる脳の病気であったり、膀胱や腎臓に原因があったりする場合もあります。
歳をとって膀胱周辺の筋肉が衰えたりして失禁してしまうことが多いようですが、自己判断は危険ですので、やはり病院での検査が重要です。

因性のものは、一時的、慢性的なストレスで膀胱やその周辺が過敏になり、頻繁にトイレに聞きたくなるもので、このような原因の場合は、当然、仕事や人間関係などのストレスを軽減させて、薬としては膀胱が過敏になるのを抑える薬が効果的なようで、自律神経の薬や、場合によってはうつ病の薬などが用いられる場合もあるようです。

そしてもう一つの原因である、他の病気の影響を受けている場合ですが、これには様々な原因が関連していて、身体全体の指令を司っている脳に何らかの病気があって、膀胱などに異常な指令を出している場合もあるようです。

そのほかには、膀胱炎が原因の場合、膀胱に腫瘍などができている場合、女性の場合は膀胱周辺の子宮などに異常があり影響している場合、男性の場合は前立腺に原因がある場合、腎臓の病気が関連している場合など、その他の病気との関連は疑い始めるときりがなくなるような感じです。
このような場合の薬は、当然その根本原因である病気の治療をするための薬が必要になるということでしょう。

http://hinnyou2.seesaa.net/

このブログ記事について

このページは、khが2011年3月 5日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ciaopanicチャオパニックとは」です。

次のブログ記事は「夜間頻尿の原因」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。