2013年5月アーカイブ

体操で頻尿改善

頻尿治療の改善として、体操を行うトレーニングがあります。骨盤低の緩みは、頻尿の原因になるので、骨盤低筋の筋肉を鍛えていくことで、尿道のしまりが改善されていきます。

恥骨と尾底骨をつないでいる筋肉が骨盤底筋です。この骨盤底筋が緩んでしまうことで、膀胱や直腸、さらに女性の場合は膣、子宮などの臓器が下がって頻尿の症状が起こっしまいます。骨盤底筋トレーニングによって、尿道や肛門を締めるコントロール力がついてくるので、尿漏れを防ぐことができます。

足のむくみ解消

足のむくみを解消すれば、頻尿対策になります。
まず就寝前に足に溜まった余分な水分を出せばいいわけですから、軽く横になって両足の下に大きめのクッションを入れて両足を心臓よりも高く上げます。たったこれだけの解消方法ですが、こうすることによって足に溜まった水分がゆっくりと上半身へと流れていきます。
さらに、溜まった水分を効率よく出すために、足首を前後に動かすのも重要なポイントのようです。

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。