体操で頻尿改善

頻尿治療の改善として、体操を行うトレーニングがあります。骨盤低の緩みは、頻尿の原因になるので、骨盤低筋の筋肉を鍛えていくことで、尿道のしまりが改善されていきます。

恥骨と尾底骨をつないでいる筋肉が骨盤底筋です。この骨盤底筋が緩んでしまうことで、膀胱や直腸、さらに女性の場合は膣、子宮などの臓器が下がって頻尿の症状が起こっしまいます。骨盤底筋トレーニングによって、尿道や肛門を締めるコントロール力がついてくるので、尿漏れを防ぐことができます。

このブログ記事について

このページは、khが2013年5月31日 16:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「足のむくみ解消」です。

次のブログ記事は「頻尿や夜間トイレが近い人が購入している商品ガイド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。